初期症状がない大腸がんに要注意|定期的に検査を受けよう

医者

胆のうの異常

病院

胆のうがんになると黄疸や痒み、腹痛や食欲不振等の症状が出るため、サインを見逃さない事が大切です。胆のうや胆管には胆石と呼ばれる結石ができる事がありますが、痛みはあっても自覚症状がほとんどないのが特徴です。

早期発見方法と危険な血便

大腸がんを早期発見するためにも基礎知識を知っておいたほうが良いですよ!治療の種類や生存率がわかります。

初期に気づくには

医者

大腸がんは症状が出にくいので、普段からちょっとした異変を見過ごさないことが大切です。例えば、気をつけたい大腸がんの衆生は血便や下痢、便秘、腹痛などです。確かに痔がある方だと血便が出ても、いつものことだと軽視してしまうかも知れません。下痢や便秘になっても、すぐに大腸がんを疑う人はいません。がんにならなくてもお腹は痛くなります。はっきりした異常が出にくいため、他の臓器に転移してからようやくがんの可能性を疑う患者さんが大半です。もちろん、がんは早期発見早期治療が理想的なので、定期的にがん検診を受けて精神的にも安心しましょう。大腸がんの初期は自覚症状がほとんどありませんから、医療機関で調べてもらわない限り自分で発がんに気づくのは至難のわざです。

痔の血便との見分け方

これらは医療機関でがん検診を受けて正確に診断してもらうのが理想的ですが、自分でも大腸がんによる血便と痔の血便を見分けることはできます。もし痔のせいで出血している場合、肛門から流血しているので真っ赤な鮮血が混ざる確率が高いでしょう。ぽたぽたと水のように赤い血が滴り落ちるようなら、痔が原因です。反対に、黒い血が便に混ざっている時は大腸がんかも知れません。肛門から離れ大腸から出血すると、排便痔には血が黒く変色します。どす黒い血がねっとりと便に絡みついていたら、病院でがん検診を受け大腸がんかどうか調べてもらった方が無難です。病院を探すときは、口コミサイトを参考にすると自分に合ったところを見つけられるでしょう。

その人の生活を守る

病院

近年、がんを患う人が増えるのと比例してがん治療も様々な進歩を遂げています。治療は長期化することが多いため、患者自身の戦う意欲やこれまでの生活を守るためいろいろなところで様々なサポート体制が整えられています。

いたって自然、でも新発想

看護師

NK療法は、がんの新しい治療法で、今後の普及が予想される治療法です。NK療法はナチュラルキラー細胞という、元来、人体に備わっている悪性腫瘍細胞を攻撃する細胞の働きを強める治療法ですので、免疫力、自然治癒力を向上させることが狙いです。それは、人体に負担がない治療法だということでもあります。