初期症状がない大腸がんに要注意|定期的に検査を受けよう

医者

胆のうの異常

病院

胆のうは肝臓の下に位置しており、特徴的な形が洋梨やナスに例えられる臓器です。肝臓で作られる消化液の胆汁を、一時的に保存して濃縮にするという働きがあります。十二指腸に食べ物が入るとコレシストキニンが分泌されますが、これが胆のうを刺激すると反応で袋を収縮させ放出します。胆汁は脂肪を消化するために必要な消化液であり、肝臓で合成される胆汁酸を中心に黄褐色の苦い液体です。胆のうの隣に位置するのが胆管であり、肝臓で合成された胆汁の通り道でもあります。胆のうにもがんができる事があり、それらの症状は見落とされる場合もあります。胆のうがんになると黄疸や脂肪便、痒みや腹痛、食欲不振や体重減少等の症状が見られます。

胆のうがんはどんなに小さくても黄疸が出るため、初期症状で見つけることが大切です。サインを見逃さないためには常日頃からチェックする必要があり、自身の変化にいち早く気づくことが大切です。胆のうがんの原因多くは食生活や生活習慣の乱れにより引き起こるため、生活を見直す必要があります。脂っこい食べ物や暴飲暴食、太りすぎ等が胆のうがんの危険因子になる可能性があります。胆のうや胆管には胆石と呼ばれる結石ができる事があり、出口にはまると痛みを生じます。しかし半数以上は自覚症状が無く気付かないうちに進行しています。胆のうは無くなっても生命の危機は無いですが、脂っこい食事で消化不良になって下痢を起こす事があります。