初期症状がない大腸がんに要注意|定期的に検査を受けよう

医者

その人の生活を守る

医学の進歩

病院

近年ストレス社会や食生活の欧米化など様々な要因が重なり、がんを患う人の数は増加の傾向にあります。一昔前までは、がんは世間一般に不治の病という印象がありました。しかし現在は適切ながん治療を早期に行うことで完治する確率が格段に上がっています。多くの人が罹患する病であるからこそ、その研究は日々深められ様々ながん治療の方法が見出されています。1番有効な治療法は外科的手術でがんに侵された病巣を取り除くことですが、病気の発見時期によっては他の臓器やリンパ節等への転移が懸念されるため手術療法と合わせて抗がん剤の投与が多く用いられます。期間的には外科的手術は体力の回復までに数日から数週間を要しますが、抗がん剤は何クールにも分けて複数回投与となる場合が多くその期間は数カ月かかることも珍しくありません。そのため、抗がん剤の副作用等と上手く向き合いながら、就労等の日常生活を送りながらがん治療を行う人もたくさんいます。

多くのサポート体制

がん治療をしながらでも極力今までと変わらない生活が送れるようにと、医学の点ではなるべく副作用の少ない抗がん剤の開発なども勧められています。また、手術や抗がん剤だけでなくホルモン療法や食事療法など、その状態に合わせていくつもの治療法があります。患者本人がきちんと前向きにがん治療に向き合えるように、患者自身に治療法を選択させる場合も少なくありません。患者自身が主体的にがん治療に臨むことにより、時に、医学を超えた結果を見出すことにもつながります。様々な医療機関ではこのような患者自身の意欲やこれまでの生活を崩さないようにする為の色々なサポート体制を構築しています。具体的には、就労しながら通院し、外来診療で経過を見ながら抗がん剤投与が出来る診療所であったり、入院中の場合でも、がん看護専門の看護師心身のケアにあたるなど、その取り組みは様々です。